水漏れの被害はどこで起きるのか

水漏れの被害はどこで起きるのか 水回りの設備は、家庭の中にいろいろと存在しています。日常生活の中で使う場面も多く、当たり前に使えるものと勘違いしてしまうほどです。人間が生きていくうえで欠かせない水回りではありますが、水漏れしたときにその存在の大きさに気がつきます。
水漏れなどのトラブルが起きたときには、迅速に対応しなければいけません。非日常的な出来事が起きると、どうしても冷静に対処することが難しくなります。知識があれば、どんなことが起きるのか想定することができ、非日常的な状況から抜け出しやすいでしょう。それほど水漏れに対する知識は、いざというに守ってくれる大事なものです。

■蛇口は水漏れしやすい場所

家庭の中には、水を使う設備はいくつもありますが、そうそう簡単に壊れるものではありません。耐久性が高いものがほとんどですが、メンテナンスをしないで使い続けることができるわけではありません。キッチンなど、使用頻度の高い場所では、消耗品の劣化も早まります。思っている以上に水漏れなどのトラブルが発生することは理解しておかなければいけません。
そのなかでも蛇口は、使っているうちにパッキンが劣化していくことで、ゴムがもっている弾力性を失います。弾力性がなくなると、隙間を埋める力がなくなり、水が漏れてくることになるため交換が必要です。蛇口自体にも寿命があり、摩耗してしまえば、部品とのつなぎ目部分から漏れだします。パッキンを交換しても直らなくなるため、本体ごとの交換が必要です。10年程度経った時には、修理という選択肢だけではなく、交換も検討するようにしましょう。

■漏れたことで経済的損害も発生する
戸建てであれば、水が漏れても自分の責任の範疇です。床などが傷み、構造部材にもダメージが及ぶこともありますが、そうした場合も自己責任であり、他に問題は波及しません。しかし、集合住宅になるとそうはいきません。水が漏れたことで、下の階などに流れ込むケースがあり、大きな問題となります。集合住宅に入居する場合、保険に加入することが条件となるのも、驚くほどの損失を出すケースがあり、個人の範囲で補償が仕切れなくなる可能性があるからです。
今住んでいる環境で、天上から水漏れがしてくることを想像できる人はいないでしょう。家電製品は水に濡れない場所に置いているものですが、天上から水漏れが起これば故障の原因となる可能性があります。大きな損害を生み出すのは当然となるため、異常を感じたら、できるだけ早く修理しなければいけません。

■大量の水を備えているトイレ

水漏れの被害は、トイレでも発生します。だれもが毎日欠かさずに使うトイレは、水を大量に消費する場所です。これまで数多く使われてきたタンク付のトイレの場合、大量の水を備えています。使った分だけ自動的に供給される仕組みであり、タンク内の水を消費することで追加されてしまうのが被害を拡大させてしまうポイントです。
耐久性の高い陶器を使っているため、タンクも便器も簡単に壊れることはありません。しかし、地震などの強い力が働くと、配管がずれたり、取り付けてあった棚が落ちてくるといったことで被害が出ることも考えられます。状況によっては、便器ごと交換しなければ直せない場合もあるため、空間内の荷物には十分な注意をしなければいけません。

■まとめ
水漏れのトラブルは、家庭の中にあるいろいろな設備で起きます。水を使う設備はいろいろとあり、それぞれ特徴のあるトラブルが起きます。トイレ内の棚のように、便利に使用していたものが、破損し水漏れの原因になることもあります。予想がすることができれば、それだけ対策も可能なため、他にもどんなことが起きるのか考えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース